資料を送ってもらうために申込者の氏名や送り先の住所は必要ですが…。

資料請求者情報フォームの備考欄・その他の欄に「電話や訪問による直接の営業行為は控えていただくようお願いします。」と明記しておけば、良心のあるメーカーのサイト担当者は無理な営業をせずに資料だけを送ってきてくれるのです。
資料請求申し込みの際、家づくりを実現してくれる味方である自分の担当者を希望通りに選ぶことは不可能です。資料請求を申し込んだ時にそのユーザーの担当者が既に決められているパターンが多いためです。
真心こもったオリジナルの間取りのプランと費用想定を作ってもらえるサービスはタウンライフオンリーです。コスト面や間取りを固めておきたい家づくり希望者は四の五の言わずに有効活用してください。
カタログ・パンフレットや間取り・事例集などの資料には内装・外観などの写真やメーカーの強みが示されており、各社ブランドの竣工後のイメージやおおまかな強みを掴めます。
家づくりをスタートするのにネットの一括資料請求を利用したくない場合、各メーカーが運営している展示施設へ見学に行く、あるいは公式のホームページを閲覧して資料送付を依頼するしかありません。

もう一つの留意点は、サイトでもらえる仮サービスの間取りプランや見積りは必ずしも保証されるわけではなく、その穴埋めに各業者で打ち合わせながらより確実に煮詰めていく必要があります。
ハガキでの資料依頼やFAXからでもカタログ資料は請求することは出来ますので、暇な時間でカタログを取り寄せておいて情報を補完すると、効率的に良質な情報を網羅できます。
住宅雑誌付属のカタログ請求用のハガキを送るのも効果的。住宅専門紙に用意されるハガキは、家づくりのプラスαでテーマをベースにして各メーカーにまとめて住宅PRカタログを申し込んでみることが出来て役立ちます。
経験豊かなプロに間取り図作成を頼むと生活動線や収納など、緻密で大胆なステキな間取りの提案を見せてもらうことが出来、よりハイグレードな納得のいく間取り図が出来上がります。
上のアドバイスのように虚飾の情報だけに頼ると知り得ないメーカーの意識を推察できる機会であるところも資料請求の利点の一つと言えるものです。

資料請求出来るシステム以外の使い道としては、住宅メーカーや施行業者へ必要事項を相談するシステムもあり、各住宅メーカーのモデルハウスや多くのモデルハウスが集まる展示場の見学申し込みの連絡が出来る機能も用意されています。
なお、見積り依頼できるサイトを使ったからといって必要な資料が漏らさず揃えられるというのはまずありません。メーカーによって対応可能な資料の種類は変わるためです。
普通、依頼候補のメーカーを3社程度に絞り込んで間取り構想の図面化、そして費用の見積り提示という進行パターンになり、前半を終えてようやく正確な費用が見える段階を迎えるのです。
家づくりに役立つ一括資料請求サイトながらも、ブログや掲示板などのマイナス評価でテレフォンセールスや訪問営業されたというネガティヴ談も多く、安全に使えるのか信用しきれないという人もかなりの数に上っています。
資料を送ってもらうために申込者の氏名や送り先の住所は必要ですが、直接連絡のための電話番号や時には年収の記入を求められることもあり、空欄のままでは資料請求出来ないケースもあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました