しかし中には…。

使えるコンテンツ満載の一括資料請求サービスですが、ネット掲示板などのレビューで突然の電話や訪問セールスされたという報告が多数出ており、本当に大丈夫なのか疑念を抱く人も少なくないようです。
郵送される宣伝資料の中で他を圧倒して参考にすべきなのは、それまでにそのメーカーが提供した家を確認出来る各物件の施工事例集です。
ほとんどの一括資料請求サイトは、全国に根を張っているようなよく知られている企業ややはり有名な工務店が目立ってクローズアップされているのが相場。
しかし気になる点もあり、かなりの資料請求サイト利用者は請求先の会社の営業担当者から家への電話セールスや戸別訪問による営業をされたという体験談もサイトユーザーの掲示板などで愚痴ることもあります。
営業エリア別の住宅メーカーランキングなどなどの役立つ機能も用意されているため、ここも同様にこれまでにハウスメーカーの区別がついていないという方にユーザーライクな注目のサイトです。

これを解決するためには、資料請求する際に「~2000万円台」といった感じで、予算条件の範囲内で検索結果をサーチ可能なサイトから申し込みすれば理想のメーカーに出会えるでしょう。
しかし中には、たくさんある一括資料請求をウリにするサイトのうちどのブランドのサイトを選べばいいのか迷うというビギナー家主の方もかなりいるのが現実でしょう。
利用料がかからずに選び放題な多数メーカーの情報をまとめて得られる一括資料請求サービスは、利用時の要注意ポイントを事前に知っておいた上で、効率よく利用してコストに見合うマイホーム探しを実行に移しましょう。
タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの制作や見積りサンプルの提案を依頼するサービスがあるためか、他の一括資料請求サイトよりも収録社数で言えばやや不利です。
こちらもよく名前が挙がる「持ち家計画」は、大手有名サイトのライフルホームズやスーモなどに掲載がない住宅会社や選び抜かれた工務店が少数ながらも分かりやすく掲載されているのが強みです。

小規模工務店の選択肢も確保したい際は、一括資料請求から離れて各工務店の資料申し込みフォームから直接資料を請求するなどピンポイントタッチで工夫することが唯一の手段です。
直接営業をされたくなければ、「電話や訪問などはおやめください」などと近寄るなオーラを出しまくってから資料請求を申し込めば、断りを入れない時よりもダイレクト営業が来る件数は低く出来るのでおすすめです。
家づくりでネット上の一括資料請求に頼らない場合は、各メーカーが開催するモデルルームなどへ直行するか、各社の公式ホームページ探し当てて資料送付を依頼するかを選択することになります。
大手人気メーカーの登録掲載も隙はありませんが、際立つポイントとしてはエリアごとの全国展開していない工務店にもマッチングチャンスを与える資料請求サイトの大穴と言えるでしょう。
「SUUMO」や「持ち家計画」といった一括資料請求サービスがあるサイトは、たくさんの住宅メーカーから工務店に至るまでの顧客向け情報をフルコースで請求出来るので賢い方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました