しかし気になる点もあり…。

ハウスメーカーの公式カタログには、費用ゼロで公開するには話がウマすぎると言えるほど、家づくりの成功につながる情報や施工事例がギュッと収録されているのです。
地域で知られている中小企業などはレアケースでしか掲載されず、大小無関係に全ての住宅企業や工務店などの情報を一手に集めているとは限らないのが現実。
インターネットの情報検索は、一定程度家づくりの見識を習得できていれば協力無比なツールとして扱えますが、なんとなく調べるだけだとムダなキー操作の手間と取り戻せない貴重な時間を垂れ流すだけに終わってしまいます。
最少の時間コストでスムーズに家づくりチャートを進めてゆくためにも、タダで家のカタログを活用させていただくことは、情報社会の現代では至極当然として受け止められているのです。
しかし気になる点もあり、サイトから資料請求した人の中には、その会社の営業スタッフから自宅への電話や登録住所の家を訪ねて来ての営業をされたという口コミを書いている人もレビューサイトなどでぶっちゃけることがあります。

タウンライフ家づくり間取りサンプルや見積りのサンプルを依頼出来る一方、他のサイトと比較すると収録ハウスメーカーの数だけを見ればやや不利です。
なぜかというと条件が様々な注文住宅は敷地の立地条件や延べ床面積、付属設備や間取り次第で坪単価の変動が大きいので、詳細な費用についてはカタログだけでは分かりにくいものです。
マイホーム大作戦のプラン作成に入ったら家欲しい度をそのまま反映させるかのようにバリエーション豊かな参加企業の細大漏らさずかき集めて業者選びにミスしないように意識しておきましょう。
あくまでもサイト上でしかやりとりしないのですから、担当者と会って打ち合わせながら間取りや見積もりの提案をお願いするより返ってくる提案が期待しにくくなるのは道理というものです。
それに加え、各収録メーカーの一坪いくらといった坪単価や過去に関わった施工事例、サンプルの間取り図などが詳しく見られるので、資料請求を行う前に多過ぎない範囲で残したいメーカーを絞り込めます。

メーカーの住宅展示場へ見学に行った時も最初に当たったタッフが担当者ということで自動的に決まる割り当て方式が一般的ですが、そういった場合もそういった場合でも後から要望を出すことで担当者を変更させるようなことも出来ます。
請求者情報入力画面の特記欄に「電話・訪問などのダイレクトな営業は必要あるまで控えていただけますようお願いします。」と断りを入れておけば、きちんと考えてくれる請求先業者は無理な営業をせずに資料だけを届けてくれます。
間取りサンプルや見積り表を求める際は、ある程度詳細な間取りや予算額の範囲を事前に提示する必要があるためある程度は足元を固めておきましょう。
このテクニックをやったうえで様子を見て、それでもなおかつ禁忌の営業を何食わぬ顔でやってくるトンデモ企業はユーザーよりも会社重視の姿勢なので、良くない業者と考えるべき反面教師としてポジティヴに活用しましょう。
郵送で手に入る宣伝資料の中で目立ってチェックしておきたいのが、実際のケースでその住宅販売会社が形にした家を見られる施工家屋の事例集です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました