ところが失敗例もあり…。

面倒な資料請求を一括で出来ちゃうサイトは一見さんの印象としては利用ハードルが高そうに思ってしまう人も多いのですが、上手な使い方を知っておけばすこぶる合理的なITの恩恵なのです。
ところが失敗例もあり、資料請求した人の大半は請求先会社の担当者から家への電話セールスや自宅を訪れての想定外の直接営業をされたという体験談もレビューサイトなどで暴露することがあります。
一括資料請求サイト上で資料請求した時は、各社の営業担当者の手で資料が送られることになるのですが、受け取る資料の質やボリュームは必ずしも横並びではありません。
郵送される参考資料の中でとりわけ参考になってくれるものは、過去のケースでそのブランドメーカーが建売した家をリアルに見られる住宅ごとの施工事例集です。
家づくりを考えている人でよく住みたい間取りをイメージ出来ている人も見かけますが、問題なく施工可能な間取りなのか、予算内に収まるのかといった懸念すべきポイントも沸き起こってしまうものです。

それから各サイトの掲載メーカーの中には、家を建てて欲しいエリアで工事出来ない住宅メーカーや工務店であるのにもかかわらず検索ヒットに入っている会社もあります。
世界に二つとないオリジナルのサンプル間取り図と費用想定を作ってもらえるサービスはなんとタウンライフだけです。費用計画や間取りがどうしても気になる心配性の方は忘れずにショートカットを作成してください。
CMでおなじみの「スーモ」もライフルホームズに似た費用や部屋の間取り、物件の性能、得意デザインなどで対象に含めたいハウスメーカーを集中して検索実行出来るところがポイントです。
小規模工務店の情報が欲しいといった際は、一括資料請求に頼らずそれぞれの会社の資料申し込みページから直接資料を請求するなどストレートに工夫するのが早道です。
資料請求を行うおまけの利点として、資料のボリューム感や対応時間、作業の丁寧さなど、窓口になってくれる各社の担当者の業務姿勢も察知出来る点を活かせます。

なんとなくの情報でも間取り・見積もり提案は作ってくれますが、情報量に見合った完成度になるのが相場なので理想にかなう間取り図の提案や見積りパターンの提案が返されない中途半端な結果に終わってしまいます。
資料送付のための申込者の氏名や送付先住所は当然ですが、連絡用の電話番号やユーザー情報収集のため年収の記入が必要なケースがあり、入力なしでは資料請求させてもらえない仕組みです。
既に紹介したタウンライフ家づくり間取りプランの制作や見積りサンプルの提案をウリにする一方、他のサイトと比べると掲載されているハウスメーカー数だけを見ると見劣りします。
そして、見積りしてもらえるサイトを使ったからといって必要な資料すべてが漏らさず揃えられるというわけではないのです。会社によって対応可能な資料の種類は差があるからです。
おそらくカタログチェックせずに直感だけでメーカーを決める人は存在しません。そう言っても過言にはならないほどカタログの請求は家づくりの際には重要なキーストーンになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました