請求者に送られる各種資料の中で特に際立って参考にすべきなのは…。

スーモ」もライフルホームズ並みの充実度で、おおよその費用や間取りのパターン、建物や設備の性能、デザイン例などでヒット結果に含めたいハウスメーカーをクローズアップしてハイライトで検索出来るシステムで人気です。
資料請求の申し込み時、家づくり計画の頼れるパートナーになってくれる自分専用のスタッフを希望通りに選ぶことは出来ないようになっています。実は資料請求したタイミングで申込者担当のスタッフが決められる場合がほとんどだからです。
資料請求の期待値を上げるためには出来るだけ多くの業者を当たるのがハイリターンにつながりますが、無造作に選択肢を欲張り過ぎると自分に合ったメーカーを見定めることが難しくなってしまいます。
請求者に送られる各種資料の中で特に際立って参考にすべきなのは、実際のケースでその住宅メーカーが形にした家をリアルに見られる施工物件の事例集です。
土地図面は提供なしでもいいですが、土地のある場所や周囲の環境で玄関と窓の位置・向き、部屋の細かい配置が変わってくるので、買っておいた土地や成約予定の土地があるという方はその土地の図面や情報も添えて申し込めばより正確なリターンがあります。

ですがやはり、計画をスタートさせた直後に効率的な羅針盤として確保するといった程度には参考に出来るので、あまり期待し過ぎないでプランの申し込みすればムダになりません。
ただのカタログを送ってくる担当者もいれば、間取りプランの参考資料集や施工の事例集、家づくりのノウハウが分かるハウツー的なミニブックなどをパッケージングしてくれるメーカーも少なくありません。
家族が待ち望んだマイホーム購入のプランニングが始まったら威勢よく多種多様なデータ登録済企業の情報を手あたり次第かき集めてパートナー選定にうっかりミスをやらかさにように肝に銘じておきましょう。
株式会社セレスの「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやSUUMOには登録がない住宅会社や地元の優良工務店が少ないながらも分かりやすく掲載されていて面白いです。
インターネット経由の情報交換のみで間取りプランの作成や費用の見積りを完結させるということではないのでこの点を勘違いしないように心に留めておいてください。

ダイレクトな営業行為を望まない場合は、「電話・訪問など直接的な営業は希望しません」とノーを突き付けてから資料請求をかけると、ただ資料だけ申し込むよりは電話や訪問が来るケースは低く抑えることが出来ます。
請求者情報の特記事項などの入力欄に「電話や訪問など直接的な営業は現時点では不要ですのでお控えください。」と書いて申し込めば、多くの業者は希望通り資料だけを遠慮がちに送ってくれます。
あくまでもネットのやりとりに収まるのがネックなので、対面して相談する方法で間取りや費用見積もりをお願いするより品質がそこそこ程度になるのはやむを得ないと言えるでしょう。
一括資料請求サイトを使って資料請求した際、各メーカーにいる営業担当者のやり方で資料が郵送されてきますが、この後手元に届く資料の質やボリュームは同一基準とは限りません。
間取りのサンプルや概算の見積り費用を出してもらう際には、まとまった間取りに予算の内容を事前に知らせることが肝心なのである程度は材料を揃えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました