数便で送られてくる資料でよく見るパターンは…。

頼もしい一括資料請求サイトではあるのですが、ブログなどの体験談で何度も電話のセールスや直接訪問をされたという例が多く、本当に大丈夫なのか懐疑的な人も雨後の筍のように次から次へと現れます。
とは言っても、たくさんある一括資料請求サービスのうちどの業者のサイトを選べばいいのか頭を悩ませていると思っている方も意外に多いと予想出来ます。
ホームズやスーモに比べて掲載されている住宅メーカーの数で言えば並ぶまでに至りませんが、そのふたつには登録されていない隠れたハウスメーカーやローカルの工務店などを草の根的に掲載しています。
数便で送られてくる資料でよく見るパターンは、会社の姿勢や理念などが書かれたコーポレートカタログや家づくり希望者に向けた家の強みを訴求する家ブランド宣伝用のパンフレット、間取りのサンプル提案や自社物件の施工事例といった3~4種がよく使われます。
よくあるおすすめとして間取りプランの策定や料金見積りを業者に持ち込む時の相手先は、3社程度を選考対象に相談することを考えろと勧めています。

どちらの手段もそれなりの労力が上に、不確定な検討段階であることとは無関係に電話セールスや玄関先への訪問といった直接的なアプローチでの営業にさらされてにまうケースも枚挙にいとまがありません。
手間をいとわず眼鏡にかなった住宅メーカー資料請求と洒落込んでも、その後無残にもその会社の担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」などと言われることもないわけではありません。
既に紹介したタウンライフ家づくり間取りプランの作成や費用見積もりの提案を依頼する機能があるためか、他の一括資料請求サイトよりも登録ハウスメーカーの数だけを見ればやや不利です。
タウンライフで資料入手を希望すると、自前で考えた間取りプランをプロがきちんと作成してくれて、連動して見積りまで作成費用なしで依頼出来る便利なサービスが利用可能です。
情報が固まっていなくても間取り・見積もりを依頼出来ますが、材料の質と量にふさわしい完成度にしか出来ないので理想にかなう間取りサンプルや見積り提示が不可能な、モヤモヤした結果に終わってしまいます。

付属ハガキやFAXを使っても各メーカーのカタログは請求出来ます。手すき次第カタログを集めつつ情報を集めておくと、素早く高品質な情報をゲット出来ます。
会社は同じでも担当者によっては対応の質や量がガラッと変わります。資料請求サイトは相手社員と会わずに情報を拾えるメリットの陰で、担当者は選べないところがネックになるのはやむを得ません。
こういったケースの場合、資料請求サービスがあるサイトの提供機能では施工に対応できる営業エリア内なのかどうか早い段階で確認しておくことは不可能なので肝に銘じておくことが肝要。
資料請求サイトを利用して情報を集めることをおすすめする根拠は、メーカーの展示場へ直接赴いた時のようなそこにいる販売スタッフからのセールストークの矢面に立たされずに済ませられるところです。
そしてハウスメーカーの個体差で、費用などのプランはもとより、注文住宅で実現出来る要求レベルや計画の進行パターンが違ってくる現象を実感出来るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました