申し込み情報入力フォームの備考などを記入する欄に「電話や訪問など直接の営業はお断りします…。

ハウスメーカーは同じでも担当者次第ではサービスの質や量がガラッと変わります。資料請求サイトはメーカーと顔を合わせずに情報を拾えるのは便利ですが、担当者を選べない点が玉に瑕ということになるのが現実です。
郵送される参考資料のうち他を圧倒して参考にすべきなのは、過去にその住宅販売会社が手掛けた家をリアルに見られる施工サンプルの事例集です。
一括資料請求サイトを利用して資料請求した後は、各社に置かれている営業担当者の手で資料が送付されるのですが、この時送られてくる資料のパッケージの質や量には担当者の個性が出ることもあります。
地域の工務店の情報も欲しいといった場合は、一括資料請求から離れてそれぞれの申し込みフォームから接触を図るなどダイレクトな手段で試してみるのが解決策。
候補に挙げられる業者がサイトに登録されていないといった時は、独自にリサーチした会社の住宅展示場で情報が欲しい旨を伝え間取りのプランや見積りといった判断材料を求めるという方法があります。

申し込み情報入力フォームの備考などを記入する欄に「電話や訪問など直接の営業はお断りします。」と明記しておくと、良識のある企業は営業せずに資料のみを送付してくれます。
家づくりの相談をしたいブランドメーカーの探し方の目星が空っぽ状態の方、作りたい家や雰囲気がアバウトにわかっている方には使いやすいサイトです。
そしてもう一つ、サイトで頼んだサンプルの間取りプランや想定見積りが正確性が担保されていないため、その穴埋めとして該当するメーカーで打ち合わせてより正確なものに絞り込む必要があります。
有名ハウスメーカーの情報掲載もカバーされていますが、独自のポイントとしてはローカルな地元営業の工務店にもクローズアップしている資料請求サイトのサブ的な立ち位置といった作りです。
対応が丁寧なハウスメーカーでは、肉筆で綺麗なセールスレターを含めるケースもあるので、そんな部分でもその企業の担当者の人柄や姿勢を測ることが出来ます。

単純にカタログだけを送って済ませる会社がある一方、間取りプランのアピール資料や施工事例に関する資料、家づくりの基本が分かるハウツー的なおまけ本をセッティングしてくれる会社も結構あります。
直接各社の展示場へ行っても最初に当たったタッフが担当者ということで決定されやすいものですが、そういったケースでも後で部署の責任者などに申し出れば担当者を変更してもらうリセット技も可能です。
不退転の決意で入力すると、各メーカーのテレフォンコールや直接訪問が来てしまうケースもあります。統計からすると、工務店よりは有名ハウスメーカーの方がダイレクト営業の確率は高くなっています。
漏れがない資料請求のためには極力多めに集めておくのが高効率につながりますが、無造作に選択肢を増やす方向に偏り過ぎると自分に合ったメーカーを見比べることが難易度アップしてしまいます。
住宅メーカーのカタログには、価格ゼロで送るには良心的すぎると言われそうなほど、家づくりが楽しくなるキーポイントや参考事例がギュギュっと収録されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました