展示場へ直接行ってみた場合でもメイン対応したスタッフが担当者で自動的に決められてしまうシステムですが…。

「SUUMO」あたりがよく知られる資料請求を一括で出来るサイトは、多種多様なハウスメーカーおよび工務店のデータを一息に請求できるため賢いテクニックなのです。
しかしユーザーの期待とは裏腹に、各社のカタログであろうと、実は明確な購入費用や坪単価の数字などは説明がない不明瞭なケースもよくあります。
そして便利なのは、各メーカーの費用想定の材料になる坪単価や関わった家の施工事例、間取りの見本などが詳しく見られるので、資料請求の直前に一定範囲で候補に入れたいメーカーをキープ出来ます。
家づくりの際、80%の人が住宅会社のカタログを会社選びの判断に活かしたという統計結果もあり、カタログを見る手法がほぼ必須になっている現実があります。
営業エリア別のハウスメーカー・住宅メーカーランキングといったコンテンツも付いているので、ライフルホームズ同様まだ任せたいメーカーの区別がついていないという利用者に使いやすい家づくりの有能な助っ人です。

住宅マガジンに付いている資料請求用ハガキを送るのも効果的。住宅誌に用意されるハガキは、家づくりの様々なテーマを基に各社ひとまとめに住宅PRカタログを申し込むことも可能です。
情報がまとまっていなくても間取りや見積もりのプランを要求出来ますが、材料の質と量にふさわしい出来栄えになるのは致し方ないので要望通りの間取りプランや費用見積もりが返されない中途半端な結果に終わってしまいます。
資料請求の際、マイホーム大作戦の味方である担当スタッフを自分の好みで選ぶことは出来ないが不安ですよね。資料請求の申込時にその申込者の担当者が社内で決められるパターンが多いからです。
さらにはハウスメーカーの特性の差で、費用・間取りなどのプランを皮切りに、家づくりに際して実現出来る要求レベルや計画のかじ取りパターンがガラリと変わるという現象を知ることが出来ます。
「ライフルホームズ」の特徴としては、予算や間取りプラン、家の性能、希望するデザインなどで夢を実現させてくれそうな依頼先を厳選出来ます。

資料請求をまとめて出来るサイトには、日本全国津々浦々のハウスメーカーから地元の施工業者までバラエティ豊かな関連会社のデータがオールインワンでまとめられており、マイセンサーにピクン!ときた会社の資料をキープできます。
展示場へ直接行ってみた場合でもメイン対応したスタッフが担当者で自動的に決められてしまうシステムですが、そういった場合もそういった場合でも後からサポート窓口などに申し出れば担当者を変更させるリセット技も可能です。
シンプルにカタログだけをくれる会社がある一方で、間取りに関する参考資料や施工実績の紹介資料、家づくりのポイントが分かるハウツー的な小冊子もパッケージに入れてくれる丁寧な会社も少なくありません。
特に好印象のブランドがあったり、飛び込んでみたいユーザー向けのイベントやより実物に近いイメージが欲しい建物のモデルハウス、いろんな家をまとめて見たい展示場が決っている方にぜひ使って欲しい有能サイトです。
サイトの一括資料請求や一括見積りサイトの機能だけではやや不完全になってしまうのは当然ですが、初めの段階では会社を絞り込める便利ツールの第一候補と言えるものになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました