あくまでもネットだけでのやりとりに過ぎない部分はネックなので…。

一部のエリアで限定的に営業している中小零細企業はほとんどリストアップされておらず、事業規模にかかわらず全ての住宅企業や施工業者リストを網羅しているというわけにはいきません。
電話や訪問での営業を回避したい人は、「自宅への電話や訪問はおやめください」と予防策を打っておいて資料請求をかけると、注意書きをしないよりも望まない営業マンが来る確率がかなり低く抑えることが出来ます。
パンフレットや細々とした内容の資料には参考写真やメーカーごとのメリットが載せられており、各社ブランドのイメージやおおまかな長所を把握しやすくなっています。
出来るだけたくさんの住宅関連企業を選択肢に入れたい方は、他社の一括資料請求サイトを補完する形で持ち家計画の強みを生かした激レアな資料請求を一生涯の誇りにしてください。
家に届く資料で多い内容は、会社の概要を記した紹介用カタログやおおまかな家の強みを訴求する自社が有する住宅ブランドのパンフレット、参考用の間取り図や施工事例紹介などの4つが多く含まれます。

さらに、各メーカーの一坪あたりの価格を表す坪単価や、それまでの施工事例、間取りの見本などがまとめて閲覧できるので、資料請求の直前におおよその選考に残したいメーカーをふるいにかけられます。
どちらの方法にせよ手間を要するだけに留まらず、単なる検討段階でもお構いなしに家への電話や戸口訪問など直接営業に追い詰められてしまうことも日常茶飯事です。
一括資料請求サイトのほとんどは、全国に根を張っているような誰もが知っている会社ややはり大手の工務店が必ずと言っていいほどウリになっているのが普通です。
資料請求の際はなるべく多くの業者をチェックするのが見逃しを防ぐポイントですが、ただいたずらに選択肢をターゲッティングし過ぎると自分に合った業者を見定めることがややこしくなってしまいます。
会社は同じでも担当者が異なればサービス対応の質が大きく変わります。資料請求サイトは相手社員と会わずに情報を入手出来ることと引き換えに、担当者を選べない点がマイナスポイントになるのが現実です。

中小工務店のデータが欲しい時は、一括資料請求を一旦忘れて会社ごとの申し込みフォームから接触を図るなど違う方法で工夫することが必要。
住宅マガジン付属のカタログ請求用のハガキを送るのもお勧めです。住宅専門紙のハガキは、家づくりのプラスαでテーマに沿って各メーカーに対し一気に住宅カタログを請求してみることも出来て便利です。
これを回避するためには、資料請求の際に「○○~○○万円台」などのように、予算範囲で住宅メーカーを厳選出来る機能付きのサイトから申し込んでみると希望通りの結果を出しやすくなります。
あくまでもネットだけでのやりとりに過ぎない部分はネックなので、ダイレクトに打ち合わせる形式で間取り・見積もりをお願いするより品質が落ちてしまうのは道理と言えるでしょう。
家づくりの下ごしらえとして情報の仕入れをする上で欠かせないのが、資料請求ツールの活用です。信頼できそうな住宅会社や工務店のユーザーインフォメーションが自宅でのんびり手に入るのでお手軽カンタンに情報をゲットできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました