資料請求サービス以外の使い道は…。

資料請求の次のステップで実際に相談する検討候補を5社だけ残してふるい落とす作業が始まるので、費用プランの価格帯や内外装のバリエーション、施主への気配りはどうかといった消費者目線で絞り込んでやりましょう。
相手のホームグラウンドに飛び込むこの2つの方法は時間や労力がかかるだけに収まらず、単なる検討段階であることとは無関係に自宅や携帯などへの電話営業や戸口訪問など踏み込んだ営業に惑わされてしまうこともあります。
そうした方に向けて、一括資料請求サイトのそれぞれの目玉やどんな業者を探したい方に使いやすいのか、他メーカーのサイトとはどこが違うのかなどをしっかり説明しようと思います。
またメーカーの個性の差で、費用や間取りといったプランはもとより、マイホームづくりの中で実現出来るサービスや進め方のポリシーなどがガラリと変わるという現実を思い知らされるのです。
各社の住宅展示場へ直接行ってみてもメイン対応したスタッフが担当者でほぼ決まるシステムなのが普通ですが、そういった場合もそういった場合でも後でサポートなどに申し出れば担当者を配置転換させる改善策が出来ます。

家に送られてくる資料の主な構成は、会社の概要を記した会社紹介用のカタログやシンプルな家のPRが書かれている自社ブランド住宅のPR用パンフレット、間取りイメージの参考例や施工事例集といった4種類がメインです。
まず間違いなくカタログを請求することなしに業者を決めてしまう人はいないでしょう。それほどまでにカタログからの情報収集は家づくりの計画には欠かせないものとして認識されるものなのです。
資料請求で情報を集める最大のメリットは、展示場などへ物欲しそうな顔で飛び込んだ時のような運営するメーカーの百戦錬磨の営業スタッフのセールストークの一斉突撃を喰らわずにゆっくりと落ち着いて資料を眺められる点です。
もちろんこれには理由があり、オーダーメイドの住宅は敷地ごとの条件や建物の床面積、付帯設備の種類や間取りの関係で坪単価が大きく上下するので、コストについてはカタログの説明からでは分からないでしょう。
資料請求サービス以外の使い道は、メーカーや業者に相談を持ち掛けるするサービスもあり、住宅メーカーのモデルハウスやより大規模な展示場の見学を申し込むことが可能なところが優れています。

カタログのみを送って済まされることもあれば、間取りのアイデアプランや施工物件の事例集、家づくりのためになる教科書じみたミニブックもセッティングしてくれるメーカーも見られます。
憧れのマイホームのプランニングが始まったら気前よく持て余しそうなくらいの登録企業の情報を手あたり次第かき集めてマイホーム計画の頼れるパートナー選びに隙を見せることのないよう心に留めておきましょう。
高鳴る胸の鼓動を抑えて目に留まった会社へ資料請求しても、その後クールにも営業担当者から「施工不可能なエリアです」と断られる事例もないわけではありません。
住宅専門誌に付いている資料申し込み用のハガキを送ってみるのもいいでしょう。住宅マガジンのハガキは、家づくりを決める上の様々なテーマを基にして各社まとめてカタログ資料を頼んでみることが出来るようになっています。
気になった業者が掲載リストに載っていたなら、それ以外の有望候補も含めて検討しながら2、3社ほどアプローチするとスムーズになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました