このように虚飾の情報だけに頼ると気付くことの出来ないメーカー担当者の姿勢を窺い知れる機会になることも資料請求のおすすめ理由ということです…。

さらに、サイトで作る間取りサンプルや見積り費用は内容が保証されるわけではないので、その穴埋めに該当するメーカーで直接打ち合わせながらより確実なものに絞り込む必要があります。
親切なハウスメーカーでは、心がこもった手書きのセールスレターを含める場合もあるので、そういった姿勢でその担当者の人柄や接客姿勢を窺い知ることができます。
カタログやパンフレットだけを送ってくる会社もあれば、間取りのサンプルや施工事例の紹介資料、家づくりの基本が分かる教科書っぽいミニブックもセットに入れてくれるハウスメーカーも時々あります。
資料請求サイトから資料請求する場合、各メーカーで置かれている営業担当者の裁量で資料が送付されるのですが、この時送られてくる資料の内容には担当者ごとに変わります。
さらにもうひとつ、一括資料請求サービスサイトの登録会社の中には、利用者が求めるエリアでは着工不可能なメーカーや施工業者でも関係なく検索のヒット一覧にしれっと潜り込んでいる業者もあるのが泣きどころです。

一般的には、印象の良さそうなメーカーを数社に絞って間取りプランを作成、次に見積りという流れをとり、後になってやっと正確な費用がお目見えするということになるのです。
一括資料請求の効果は人によってさまざまな印象が語られているのは確かですが、あまりに多いハウスメーカーの情報を手に入れることにおいては大切で利便性に優れるものです。
資料請求で情報収集することがおすすめできる理由は、現実世界の展示場へリサーチを敢行した時のようなその展示場にいる精鋭営業部隊からの営業攻勢の矢面に立たずに資料チェックに集中できるところです。
同じメーカーでも担当者が誰かによってユーザー対応のクオリティが大きく変わります。資料請求サイトはメーカーと顔を合わせずに情報の入手が可能のとはうらはらに、担当者を選ぶ自由がないのはマイナスポイントになっています。
このように虚飾の情報だけに頼ると気付くことの出来ないメーカー担当者の姿勢を窺い知れる機会になることも資料請求のおすすめ理由ということです。

住宅誌に付いている資料請求用ハガキを送るのもお勧めです。住宅誌に用意されるハガキは、家づくりの参考となるテーマに合わせて各メーカーに対し一気にPR用カタログを申し込むことが出来るので便利です。
間取りの理想や夢見るライフスタイルといったイメージ、土地に関わる情報提供が充実しているほど、希望通りで品質の良い間取り図の提案や見積りの想定を出させる結果につながります。
郵送で提供される参考資料の中で目立って役立ってくれるのは、過去の受注ケースでその住宅メーカーが形にした家をチェック出来る住宅ごとの施工事例集です。
申し込み時の特記事項などの入力欄に「資料送付以外のダイレクトセールスは必要あるまで控えていただけますようお願いします。」と書いて不要の意思を示しておくと、節操のある企業は要望を汲んで資料だけを届けてくれます。
顔の見えないインターネットでのやりとりに過ぎない形なので、直接顔を合わせて打ち合わせ間取りプランや費用の見積もりをお願いするより精度が劣ってしまうのはやむを得ないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました