これは家づくりの実情が関係しており…。

候補に挙げられる本命メーカーがサイトでリストアップされていないという場合は、展示場の営業スタッフに間取りの参考プランや見積りなどのサポートをお願いするしかありません。
そしてもうひとつ、家づくりサイトの登録メーカーの中には、ユーザーの希望エリアでは着工不可能なハウスベンダーや施工業者なのにもかかわらず検索結果一覧にしれっと潜り込んでいる業者もあるのが泣きどころです。
自分に合った条件を選択して検索ボタンをクリックすれば1社ごとにピンポイントな情報を調べて回ることも一つの方法ですが、間口を広げて当たりを増やすべく全会社をターゲットにしてドドーンと資料請求してみましょう。
送付される資料でよく見るパターンは、会社全体のPRを目的とする企業紹介用カタログや要点だけをかいつまんだ家の紹介が書かれている自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのサンプル提案や施工実績紹介などの3~4つが多いようです。
家づくりの時、8割もの人がカタログの情報をハウスメーカー選びの参考に活かしたという統計結果もあり、カタログを請求するという方法が常識になっている現実があります。

顔の見えないネット経由のやりとりになる部分はネックなので、担当者に面会して打ち合わせ間取り・見積もりを依頼するより返ってくる提案が期待しにくいのは仕方ないでしょう。
広いルートでカタログなどの参考資料を取り寄せられれば、広い視野で家づくりの造詣を深めるための学びになるので、誤った考え方に捉われる重大リスクも「どこ吹く風」です。
送付される資料のうちキーアイテムと言えるほど目を通すべきものが、実際のケースでそのブランドメーカーが作った家を詳しく知ることが出来る物件ごとの施工事例集です。
カタログ収集の分岐点は、先入観を捨てて思いつく限りの糸口を見つけてマイホームの糧になるカタログを拾い集めるスタンスです。
しかし気になる点もあり、資料請求サイトを使った人の多くは、その会社のセールススタッフからいきなりの電話や戸別訪問などの営業をされたという利用者レビューを評価掲示板やスレッドなどで書いていることもあります。

これは家づくりの実情が関係しており、条件が複雑な敷地所在地や建つ家の床面積、設備のタイプや間取り次第で坪単価が大きく上下するので、実際の費用の部分はカタログのみでは分かりにくいのです。
住宅誌付属の資料請求用ハガキを使うのも良い方法です。住宅誌に用意されるハガキは、家づくりプランのテーマを基準に各メーカーに対し一気にカタログなど参考資料を申し込むことも可能です。
このように外向けに飾られた情報だけに頼っていては分かり得ないメーカー担当者の姿勢を推し量れる機会をくれるところも資料請求の動機の一つと言えるものです。
そして、見積りしてもらえるサイトとはいっても資料の一式がバッチリ集まるというのはまずあり得ません。メーカーによって対応可能な資料は変わるからです。
一括資料請求サイト経由で資料請求した時は、各社で配属されている担当者から自宅宛てに資料が郵送されますが、ここでもらえる資料のバリエーションは担当者の個性が出ることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました