資料送付のためにも申込者の名前や申込者の住所は当然必要なのですが…。

資料請求で情報収集する最大のメリットは、各地の住宅展示場へリサーチを敢行した時のような各展示場の牙城を守る営業トーク達人からのセールストークの雨あられを浴びせられずに回避できることです。
一括資料請求サイトを利用して資料請求した場合は、各社で配属されている営業担当者のセンスで資料が自宅に届くのですが、この時受け取れる資料の内容の良し悪しは会社ごとに差があります。
資料送付のためにも申込者の名前や申込者の住所は当然必要なのですが、連絡用として自宅・携帯の電話番号やユーザー属性分析のため年収などの付帯情報を求められることもあり、入力しないでいると資料請求出来ない仕組みなのです。
どうしようもなく入力すると、そのメーカーの売り込みの電話や自宅への訪問が来て慌てふためくことになります。統計上は、現場作業メインの工務店よりも営業部署が強いハウスメーカーの方がダイレクトセールス率が相対的に高いです。
どのような構成でマイホームを建てたいのかによって総工費はかなり変わってきます。思い通りの家づくりマイスターを見逃さないためにも、資料を申し込んでおくことが必要と強くおすすめします。

こうした手法でひとたび理想的な間取りプランを図面に起こしておけば、候補に上ったメーカーの担当者に毎回求めたい間取りを一から話す無意味な時間をなくせます。
しかしながら、サイトで資料請求した人の多くはその会社のセールススタッフから家にかかってきた電話でのセールスや直接訪問による直接的な営業をされたというウラ事情を語る人もネットの掲示板などでぶっちゃけることがあります。
もちろんこれには理由があり、オーダーメイドの住宅は敷地の環境や建物部分の延べ床面積、付属設備や間取りで坪単価が大きく左右されるため、コスト面についてはカタログでは不明瞭なままです。
しかしユーザーの期待の裏で、各住宅会社のカタログといえど、実ははっきりとした費用コストや坪単価の額などについては言及されていない不明瞭な事例も多いものです。
このような外向けに飾られた情報に頼っても分かり得ないメーカーのサービス姿勢を窺い知れる機会であるところも資料請求を試みる有用性ということなのです。

なるべくたくさんメーカー住宅を比較検討したい方は、他社の一括資料請求サイトの抑えとして持ち家計画ならではの激レアな資料請求を目の当たりにしてください。
家づくりの助けになる一括資料請求サイトが多い反面、インターネットの評価でセールス電話や訪問セールスされたという後日談が多く、本当に大丈夫なのか猜疑心を持つ人もかなりの数に上っています。
資料請求のためのコンテンツ以外の強みは、メーカーや施行業者へ見積りなどの相談をすることも出来、住宅メーカーのモデルハウスやより大規模な展示場の見学申し込みが出来るのが持ち家計画の良いところです。
資料請求申し込みの際、家づくりを手伝ってくれるパートナーになってくれる自分担当のスタッフを自分の好みで指名することは出来ない仕組みです。資料請求したタイミングに合わせてその請求者の担当スタッフが会社側で決められているパターンが一般的です。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの制作や見積りのサンプルを依頼出来るかたわら、他社の一括資料請求サイトよりも収録ハウスメーカーの数のほうは見劣りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました