家に届く資料のおおまかな内容は…。

家づくりの下準備にWEB上の一括資料請求を使わない場合、メーカー直営のモデルルームなどへ見学に行く、あるいは各社公式のホームページを調べて専用フォームから資料を請求するかの二者択一になります。
家に届く資料のおおまかな内容は、会社全体のPRを目的とするメーカーカタログや要約された家の雰囲気を掴めるような自社が有する住宅ブランドのパンフレット、サンプル間取り図や自社で手掛けた住宅の紹介などの3~4つがまとめられているようです。
資料請求サイトから資料請求した後、各メーカーで置かれている担当者のやり方で資料が送られることになるのですが、手元に届けられる資料のセットの内容は同一基準とは限りません。
ほとんどの一括資料請求サイトは、全国規模の超大手の業者や同じく大手の工務店が目立って扱われているもの。
あくまでもサイト上のやりとりになる部分はネックなので、対面で打ち合わせる方法で間取りや費用の参考提案を作成してもらうよりも品質が期待しにくいのは道理です。

全く知らないローカルな住宅メーカーや職人集団でも、千載一遇のチャンスを得られれば今これを読んでいるあなたの理想に寄り添う目からウロコの提案をスパっと実行してくれる業者、などという幸運も皆無ではありません。
ルートを固定せずにカタログなどの参考資料を手に入れられれば、見逃しの少ない立場と視点に支えられつつ家づくりの知識を増やすことにつながるので、ミスをやらかす重大リスクとはおさらばです。
住宅誌付属の申し込み用のハガキを使うのも効果的。住宅マガジンに用意されるハガキは、家づくりの方向性を決めるテーマに合わせて各社まとめて住宅PRカタログを送付申し込みすることも可能です。
恩恵の多い一括資料請求サイトである一方、ネットに挙げられている利用体験談でしつこい電話営業や自宅にまで営業に来られたという後日談もあり、気持ちよく使えるのかよく分からないという人も少なくないのが現状です。
ハガキ送付やFAXでカタログ資料を請求することは可能なので、空いた時間でカタログを請求しておいて情報を集めれば、スムーズに高品質な情報を網羅することも可能です。

こうしたサービスでまず一度前提となる間取りを準備しておけば、判断したいメーカーごとに求めたい間取りを一から伝える時間を抑えられます。
ハウスメーカーは同じでも担当者によっては対応のクオリティがガラッと変わるものです。請求先の社員と会わずに情報をもらえる代わりに、担当者を選ぶ自由がないのは懸念すべきポイントになっています。
先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りの参考プランや見積りのサンプルを依頼出来る反面、ライバルの資料請求サイトよりも掲載メーカー数だけを見ると後塵を拝しています。
申し込み情報入力フォームのその他要望といった備考欄に「電話や訪問によるダイレクトな営業行為は必要あるまで控えていただけますようお願いします。」と書いて申し込むと、節操のある担当者は要望を汲んで資料だけを送ってきてくれるのです。
資料請求する時、家づくりの心強い女房役になる自分直属の担当者をお好みで選ぶことは出来ないシステムです。実は資料請求したタイミングで申込者を担当するスタッフが決定される場合が多いからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました