ユーザーフレンドリーな一括資料請求サイトなのですが…。

家づくりを始める時にサイトの一括資料請求を利用したくない場合、メーカー運営の展示場やモデルルームへ足を運ぶか、各社の公式ページを探し当てて申し込みフォームから資料請求するかを選ばなくてはいけません。
もう一つ覚えておきたいことは、サイトで受けた間取り図や予想見積りが保証されるわけではなく、その穴埋めに依頼したメーカーでヒアリングを受けてより正確に煮詰める必要があります。
穴場的なサイトとして知られる「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやSUUMOなどに見られないメーカーや選び抜かれた工務店が少数ながらも詳しく掲載されているのが特色です。
そうした方のお役に立つよう、メーカーごとの一括資料請求サイトの便利機能やどんなメリットが欲しい方に合いやすいのか、他社で運営されるサイトとは異なるメリットなども交えてしっかり説明していこうと思います。
直接各社の展示場へ行った場合も最初に接客した担当者で決定されることが一般的に行われていますが、そのパターンでも後から願い出ることで別の担当者に変えてもらうことも出来るものです。

一括見積りサイト経由で見積り請求した場合申し込んだ先のメーカーのサイト担当者から連絡があるので、直接やりとりしながら希望通りの見積りを作ってもらうのが一般的な流れになります。
そして、見積りしてもらえるサイトであっても必要な資料がパーフェクトに入手可能ということにはなりません。メーカー次第で資料の種類は違ってくるためです。
このサービスを上手く使えばまだ余裕があるうちに費用を判断材料に加えることも可能なため、希望する予算を熟慮しながら憂慮する必要なく住宅会社をセレクト出来るようになるのです。
こちらも有名な「スーモ」もライフルホームズと並ぶ人気サイトで、想定費用や間取りプラン、ホームスペック、デザインイメージなどで対象にしたいハウスメーカーをフォーカスして検索することが出来るシステムが用意されています。
意を決して入力すると、各社から直接電話や自宅訪問されてしまうこともあるようです。傾向としては、作業メインの工務店よりも有名ハウスメーカーが電話や訪問の率が高いという結果になります。

このような具合に資料だけに目を奪われていては見えにくいメーカーの意識を推し量れるところも資料請求を行う利点の一つになります。
ユーザーフレンドリーな一括資料請求サイトなのですが、ネットで検索すると出てくるマイナス評価で予期しない電話営業や訪問セールスされたという愚痴も多く、気持ちよく使えるのか心中穏やかではない人も少なくありません。
とは言え、かなりの資料請求サイト利用者は請求先の会社の営業担当者から電話でのセールスや自宅を訪れての営業行為を受けたというユーザーレビューも評価掲示板やスレッドなどで暴露することがあります。
そうした不安をなくすために、一括資料請求あるいは見積りサイトのよく見かけるデメリットや後悔しない利用のコツを大公開するのでぜひ覚えておいてくださいね。
一括資料請求出来るサイトから資料請求した時は、各社で配属されている担当者から資料が郵送されるのですが、受け取る資料の内容には担当者ごとに変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました