インターネットだけのやりとりになるのがネックなので…。

展示場へ見学に行った場合も対応したスタッフが担当者で自動的に決められてしまうシステムなのが普通ですが、そういった場合後から申し出れば担当者を別の人にしてもらうようなことも出来ます。
一括資料請求サイトを利用して資料請求した時、各メーカーにいる営業担当スタッフから自宅宛てに資料が郵送されますが、届く資料の中身の良し悪しは担当者ごとに変わります。
小さい工務店のデータも集めたい時は、一括資料請求だけに頼らずそれぞれの資料申し込みフォームから資料を依頼するなどダイレクトな手段でやってみることが必要です。
どうしようもなく入力すると、そのメーカーの営業電話やセールス訪問されて慌てふためくことになります。パターンとしては、職人肌の工務店よりも営業命のハウスメーカーの方がダイレクト営業率が高いことが分かります。
そして会社の個性の違いで、出してくるプラン、あるいは家づくりの契約の中で実現出来る要求レベルや計画のかじ取りが異なっている現実を痛感させられます。

おおまかな見積りも見せてもらえるので、おおまかな数字の資金プランや間取りプランを参考にしながら詳しく検討したい方、持っている土地に新しく家を作るつもりの方に救世主となるサイトです。
送付される資料のおおまかな内容は、会社全体のPRを目的とするメーカーカタログや要点だけをかいつまんだ家のメリット・ベネフィットなどを訴求する家PR用のパンフレット、間取りの参考図面や施工事例集といった4つが多く含まれます。
インターネットだけのやりとりになるのがネックなので、直接顔を合わせて打ち合わせる形式で間取りや見積もりの参考資料を依頼するより提案の正確性が期待しにくくなるのは道理と言えるでしょう。
そしてさらに、見積り請求出来るサイトを利用しても必要資料の一式が満足に揃えられるというわけではないのです。各会社で扱う資料は変わってくるからです。
前出のタウンライフ家づくり間取りの参考プランや費用見積もりの提案を依頼出来るためか、他の一括資料請求サイトよりも収録メーカー数だけを見ると一歩譲るのは致し方ありません。

メーカー公式カタログには、費用なしで公開するのは良心的すぎるとさえ言えるほど、家づくりに欠かせないレクチャーやモデルケースが惜しみなく取り上げられています。
印象に残る内容のメーカーがサイトでは見つからないといった場合は、独自にリサーチした会社の住宅展示場に行って間取りの参考プランや見積りなどの提案サポートを頼んでみるという方法があります。
よくあるおすすめとして家の間取りの計画や料金相談を実際にお願いするステップでは、3社から4社程度に対象を絞って検討すべしと勧められています。
展示場も公式サイトもそれなりの労力が上に、検討段階でもお構いなしに自宅への電話や訪問など肉薄営業をかけられてしまうのがデメリットになります。
多くの場合資料請求する時の方法は、各メーカーの展示場で手渡しで受け取る他に各社が運営している営業用の公式サイトや、一括資料請求をサービス提供するサイトを活かすなどいくつかの方法があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました