メーカーが同じでもどの担当者に当たるかで対応の良し悪しが変わってしまうものです…。

一括資料請求のサイトから資料請求した場合は、メーカーごとの営業担当者のセンスで資料が送られることになりますが、受け取る資料の内容には会社ごとに差があります。
各種パンフレットや細々とした内容の資料には施工中の現場写真や企業の他社にはないメリットが載っており、各社ブランド住宅の完成時のイメージやおおまかなメリット・デメリットを推理しやすくなっています。
さらに、サイト経由で依頼した仮仕様の間取りプランや想定見積りは保証されるものではなく、それを踏まえて当該メーカーでヒアリングを受けて確実なものに絞り込む必要があります。
土地図面は提供なしでもいいですが、土地周辺の環境によって玄関などの出入り口に窓、部屋の組み合わせ方が変わってくるので、購入済の土地や未所有でも購入を検討している土地があるという方はその土地の情報も提供して依頼するのが確実です。
穴場的なサイトとして知られる「持ち家計画」は、登録社数の多さで知られるライフルホームズやSUUMOなどに載せられていない会社や地域の工務店が少ないながらも分かりやすく掲載されていて面白いです。

持ち家計画同様にサービス勝負の「タウンライフ家づくり」は、家づくりの専門家に建てたい家の間取り図を書いてもらうことも可能なありがたいサービスが有用です。
とは言え、サイトから資料請求した人の中には、請求先の会社の営業担当者から家にかかってきた電話でのセールスや訪問による対面などの営業行為を受けたという口コミを書いている人もサイトユーザーの掲示板などで書いていたりするものです。
CMでおなじみの「スーモ」もライフルホームズと並んで想定予算や間取りごとのパターン、ハウススペック、デザイン例などで対象のハウスメーカーを厳選して検索をかけられるシステムで人気です。
資料請求のよくあるパターンには、住宅展示場に出向いて手渡される他に各社が立ち上げている公式ホームページや、一括資料請求サービスサイトを効果的に使うといったような方法があります。
付属ハガキやFAXからも各社のカタログは請求することが可能なので、空いた時間でカタログを集めながら情報を集めておけば、素早く役立つ情報を収集出来ます。

メーカーが同じでもどの担当者に当たるかで対応の良し悪しが変わってしまうものです。資料請求サイトは顔を合わせずに資料をゲット出来るのとはうらはらに、担当者を選ぶ自由がないのは玉に瑕ということになるのはやむを得ません。
曖昧な希望でも間取りや見積もりの提案は依頼出来ますが、情報に比例する出来栄えになるのは致し方ないので納得のいく間取りパターンの提案や費用見積もりが返されない、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
特に好印象の住宅会社があったり、雰囲気を感じてみたい体験イベントや実際の家の造りを見てみたいサンプルハウス、展示場があるという方には押さえておきたいベストサイトです。
情報入力画面のその他ご希望欄に「電話あるいは訪問といった直接のアプローチはお断りします。」とはっきり書いて申し込むことで、良識のある業者は無配慮に営業したりせず資料だけを送ってきてくれます。
単純にカタログだけをくれるところもあれば、間取りアイデアのプラン集や施工実績の紹介資料、家づくりの基本が分かる教科書じみた冊子などをパッケージングしてくれる良心的な会社も時々あります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました