一般論として間取りプランの作成や予算のすり合わせを実際に頼む場合…。

一般論として間取りプランの作成や予算のすり合わせを実際に頼む場合、3社あたりを候補に入れて比較検討するべきという話をよく聞きます。
見積もりサイトから申し込みをかけた場合申し込みを確認したメーカーから連絡が来て、詳しい要望を伝えながら正確に作ってもらう段取りになります。
一括資料請求サイトを利用して資料請求を申し込むと、各社に置かれている営業担当スタッフから資料が送られることになりますが、手元に届けられる資料のパッケージ内容は必ずしも横並びではありません。
確かな知識を持つプロに間取りを作ってもらうと動線スペースの確保やゆったり収納など、プロの目線のハイグレードな間取り提案を出してもらい、さらに確実な理想通りの間取り図が出来ます。
資料請求サイトの中でも有名な「ライフルホームズ」は、費用や詳しい間取り、付帯設備などの機能、デザインのスタイルなどで良きパートナーになってくれる登録メーカーを高い精度で検索出来ます。

これはと思う優れたメーカーがサイトに載っていない際は、各メーカーの展示場に足を運んで間取りや見積りなどの判断材料をくれるよう願い出るという方法があります。
こうした不安を解消するために、資料請求に際して「1500~2000万円」といった感じに、予算の範囲で請求先の業者をサーチ可能なシステムがあるサイトで資料請求してみるといいと思われます。
家づくりの手始めにネットの一括資料請求を使わないのであれば、メーカー運営の展示用の施設へ行くか、あるいは各社の公式ページをリサーチして資料を送ってもらうかです。
ハガキの使用やFAXで各社のカタログを請求出来るため、時間が空いた時にでもカタログを集めながら情報を集めておくと、比較的楽に有益な情報を集められます。
情報集めを資料請求サイトで行う見逃せないポイントは、販売スタッフがお客様を待つ展示場へわざわざ出向いた時のような現地メーカーの販売スタッフからの営業攻勢をかけられずに資料チェックに集中できるところです。

とは言えそれなりに、計画をスタートさせた直後に手っ取り早い情報収集のベースキャンプとして押さえておくくらいのクオリティで充分に使えますので、その程度の気持ちで依頼するとがっかりせずに済みます。
資料請求者情報フォームの特記欄に「電話や訪問など直接的なアプローチはお断りします。」と断りを入れておけば、お客様主義のメーカー担当者は営業せずに資料のみをきちんと送ってくれます。
サイト頼みの資料請求と同じくサイトの一括見積りだけではやや不完全になってしまうのは避けられませんが、検討を始めたばかりの頃では会社を絞り込める便利な手段の代名詞程度には使えます。
ざっくりした見積りも併せて提示してもらえるので、大体の範囲の資金プランや間取りプランを見ながらきっちり検討したい方、自己所有の土地に家を新築する計画で行きたい方にメリットが多いサイトです。
今回はそうした人へのアドバイスとして、一括資料請求サービスや見積りサイトのよく見かけるデメリットや不安も吹っ飛ぶ使い方をフルオープンしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました