しかしユーザーの期待とは裏腹に…。

ところがどっこい、資料請求サイトを使った人の多くは、請求先の会社の営業担当者から家にかかってきた電話でのセールスや登録住所の家を訪ねて来てのダイレクトセールスで攻め込まれたという利用者レビューをネットの口コミサイトなどでぶっちゃける例が見られます。
候補に挙げられる出色のメーカーがサイトに登録されていないといったケースでは、各メーカーの展示場で情報が欲しい旨を伝え間取りの参考プランや見積りといったサポートをくれるよう願い出るのが唯一の方法になります。
頼もしい一括資料請求サイトではあるのですが、ネットに挙げられている利用体験談でしつこい電話営業やアポなし訪問を受けたという報告が多数出ており、トラブルなく使えるのかよく分からないという人も多いです。
こうした不安を解消するために、資料請求の段階で「一千万円台~二千万円台」などといった風に、希望予算を設定して住宅メーカーを絞り込めるサイトから申し込んでみると望む結果が得られるでしょう。
そしてさらに住宅資料請求サイトの掲載メーカーの中には、望む地域では施工不可能な業者や工務店であるにもかかわらず検索結果のリストに含められている会社もあります。

漏れなく住宅会社を家づくりのタッグパートナーに考えたい方は、有名な一括資料請求サイトの補助として持ち家計画チックな深く狭い資料請求を目の当たりにしてください。
一括資料請求サイト経由で資料請求した後は、各社に置かれている営業担当者のやり方で資料が送付されるのですが、届く資料のパッケージ内容は必ずしも横並びではありません。
それを見越して、一括資料請求サイトそれぞれの独自のメリットやどのような状況の方におすすめなのか、他社提供のサイトと違うところも押さえながらご説明していきます。
しかしユーザーの期待とは裏腹に、どのハウスメーカーのカタログだろうと、実は明確な費用の説明や1坪区切りの単価といった部分には説明がない不明確なケースも少なくありません。
さらにもう一点、サイト経由で受け取った仮仕様の間取りプランや費用見積もりが内容の正確性は保証されないため、最後の仕上げに依頼したメーカーでヒアリングを受けながら正確なものにリファインする必要があります。

スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、価格帯や部屋の間取り、詳細な性能、デザインの方向性などで対象メーカーを優先して検索結果を出せるのが人気です。
見積りサイトの機能を使って申し込んだ場合申し込んだメーカーから直接連絡が入り、詳細なヒアリングを挟みながら正確な見積もり作成を進めるステップに進みます。
同じメーカーでも担当者によっては対応の良し悪しが大きく変わります。資料請求サイトは非対面で資料を入手出来るのは便利ですが、担当者を選り好み出来ないのが懸念されるポイントになっています。
ただのカタログを送ってくる担当者もいれば、間取りアイデアのプラン集や施工の事例集、家づくりのいろはが分かる教科書じみたおまけ本を併せて送ってくれる気が利く会社もいくつかあります。
インターネット経由で情報を集めることもいいのですが、あまりにも膨大な情報のせいで、本当に正しい情報が分からずお手上げ、といった悩みもそこかしこで発生します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました