電話・訪問による営業をしてほしくない人は…。

カタログやパンフレットの類を送って済まされることもあれば、間取りアイデアのプラン集や施工物件の事例を集めた資料、家づくりのためになるハウツー本のような冊子などをセットに入れてくれる会社もよく見かけます。
宣伝用カタログやより詳細な資料には施工物件の写真や会社の他社にはないメリットが載っており、各ブランドの竣工後のイメージや大雑把な特徴を把握することが出来ます。
大手人気メーカーの取り扱いも当然ありますが、どちらかと言えば地域ごとの工務店にもまなざしを向けている資料請求サイトのサブ的な立ち位置といった内容です。
オリジナル仕様の間取り提案と費用の概算を見せてもらえるサイトはタウンライフにしかありません。費用コストや間取りはきっちりしたい堅実な方は忘れずにショートカットを作成してください。
家づくりを実行に移す際、8割もの人がカタログの情報を会社選びの基準にしているというデータがあり、カタログを請求するというやり方は常識化している形と言えるでしょう。

電話・訪問による営業をしてほしくない人は、「電話や訪問による営業はお断りします」と予防策を打ってから資料請求すると、ただ資料だけ申し込むよりは直接営業が来る可能性は少なめに出来るのでやってみましょう。
とは言え、資料請求サイトの利用者の多くは請求先会社の担当者から電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての営業をされたというユーザー評価も評価掲示板やスレッドなどで暴露することがあります。
展示場へ見学に行った場合も最初に当たったタッフが担当者ということでほぼ決められるのが普通ですが、その場合でも後から要望を出すことで担当者を変更してもらうビフォーアフターも可能です。
そして、見積もりサービスがあるサイトを使っても必要な資料がバッチリ入手可能というわけではないのです。ハウスメーカーによって対応できる資料の種類は変わるからです。
さらにもう一つ、サイトで依頼したサンプルの間取りプランや費用見積もりは正確性は保証されないため、最後の仕上げに当該メーカーでヒアリングを受けてより正確なものにリファインする必要があります。

それでもやはり、検討し始めたばかりのころに効率的なデータベースとして活かすような程度には充分に使えますので、その程度の認識でプランの作成依頼するのがいいでしょう。
インターネット経由でリサーチも出来ることは出来ますが、玉石混淆の情報のせいで、取捨選択の線引きが分からずお手上げ、といった悩みも高い頻度で見かけます。
全くカタログを見て判断することなく家づくりを任せる人はいません。それほどカタログを使った情報収集はマイホーム購入にとって欠かせないことになるのです。
タウンライフ家づくり間取りサンプルの制作や見積りプランを依頼出来る反面、他の資料請求サイトと比べて掲載されているハウスメーカー数で見れば不利です。
情報集めに資料請求サイトを使う一番のメリットは、実際に住宅展示場へわざわざ出向いた時のような現地メーカーの営業担当者からの営業攻勢をかけられずにゆっくりと落ち着いて資料を眺められる点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました