家づくりの下準備として諜報作戦をする上で便利なのが…。

「SUUMO」などが有名な資料請求一括型のサイトは、多くの住宅関連業者の資料を一度に欲張って請求出来てしまうためIT社会の恩恵のような家づくりのパートナーなのです。
資料請求をまとめて出来るサイトはなんとなく見ていると懸念すべき点もありそうに思えますが、使い方によっては思わず小躍りしてしまうほど使えるITの恩恵なのです。
しかしそうした現実の裏で、どのメーカーのカタログだろうと、具体的な費用コストや1坪区切りの単価といったコスト面には説明がない不明瞭な事例も稀ではありません。
さらに住宅資料請求サイトの登録済み業者の中には、利用者の希望エリアでは施工不可能な会社や工務店であるのにもかかわらず検索のヒット一覧に混ざり込んでいる業者もあります。
この手法でとりあえず希望する間取りプラン図面の形にしておけば、候補になるハウスメーカーに1社ずつ間取りプランのあれこれをゼロから話す煩わしさを防ぐことが出来ます。

資料請求コンテンツ以外の強みは、個別のメーカーや業者へ直接アプローチをかけるサービスもあり、メーカーのモデルハウスやより大規模な展示場の見学の予約が出来るようになっています。
直接各社の展示場へ見学に行った時にも最初の営業スタッフがほぼ担当者で高確率で決まるのが一般的ですが、そういったケースでも後から願い出ることで担当者を変えてもらうことも出来るものです。
ハウスメーカーは同じでも担当者が誰かによって対応のクオリティが変わってくるものです。資料請求サイトは相手社員と会わずに情報集め出来るメリットの裏で、担当者は選べないところが短所になってしまいます。
一括見積りサイトのサービスで見積り作成を申し込むと相手方のメーカーから直接電話などで連絡が入り、詳しい要望を説明しながら希望通りの見積りを作ってもらうといった流れになります。
外せない条件を選択して検索開始し1社ずつ細かく絞り込むことも出来るのですが、役立つ情報に当たる可能性を増やすために登録されているすべての会社を視野に入れてドドーンと資料請求してみましょう。

このようなケースでは、資料請求出来るサイトの仕組みでは施工に対応できるエリアなのかどうかあらかじめ確認しておくのは不可能なので意識しておくことも必要になってきます。
家づくりの下準備として諜報作戦をする上で便利なのが、資料請求サイトの活用です。信用しても良さそうなハウスメーカーの広報資料が自宅にいながら手に入るため気楽に情報をかき集めることが出来ます。
情報がまとまっていなくても間取りや見積もりの参考は要求出来ますが、材料の質と量に見合った完成度は避けられないので納得出来る間取りのプランや見積り提示が出来ないという、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
家づくりの初めに一括資料請求があるサイトに頼らない場合は、メーカー直営の最寄りの展示場へ直行、あるいは各社公式のホームページを見つけて資料を申し込むかの二者択一になります。
少数業者厳選型の「持ち家計画」は、業界トップクラスのライフルホームズややはり大手のスーモなどには載っていない住宅ブランドや地元の優良工務店が少数精鋭といった感じで掲載されているのが差別化のポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました